併設サロンが最近はどうして多くなったの?

美容室って窓が大きくて、施術をしているところが外からも見えたりするお店がありますよね。私、通りすがりに結構横目で見ていることがあるんですが、最近の美容室って、カットやカラーのほかにネイルサロンが併設されているところもあるんですよね。このほかにだと、まつエクも施術してもらえたり。
まさに、頭の先から爪の先まできれいにしてもらえるというわけなんです。
これまでは美容室とネイルサロン、あるいはまつエクサロンはそれぞれが個別に展開していたような気がするのですが、どうして併設されるようになったのでしょうか?何か理由がありそうですね。

そもそも美容師の資格を取るには、美容師国家資格に合格する必要があります。いわゆる美容師免許です。通信教育などでとることができる資格ではなく、厚生労働省が指定した美容学校を卒業し、あるいは卒業後に実地修練を1年以上行い、初めて美容師国家試験の受験資格が与えられます。特に年齢制限はありません。
ネイリストの場合はどうでしょうか?
ネイリストの場合は美容師と異なり国家資格ではありません。民間資格で何種類かあります。この民間資格は自分の技術の証明になりますので、ネイルの検定試験に合格して取得を目指しましょう。
ネイリストは通信講座があり、独学で学ぶことができます。またスクールもあり、ネイリストを目指す方はこのどちらかを選ぶようです。
ちなみにまつエク、こちらは以前は無資格でも行えましたが、トラブルが増加したことから美容師免許を持たないと施術することができなくなっています。

同じ資格で施術が可能なの?

最近は美容室とネイルサロンやまつエクが併設されているところがありますが、どうして併設されることが多くなったのでしょうか? その美容室の個性という観点から、パーマなどだけを施術する店よりも印象に残りやすいことや、施術をされながらもう一つのサービスも気になり、次に繋げることができる可能性が挙げられます。

同時に身体の2か所をきれいにできるメリット

一度の来店で複数個所をきれいにすることができるという点は、時間的にも節約することができ、中には複数の施術をセットで利用すると料金が割引になるというサービスを行っているお店もあります。 そうすると、時間もお財布にも優しいというメリットが生まれるわけです。

こんなトラブルに要注意

けれどもやっぱりトラブルが生じることもあります。独立型のお店と比較して、どのような点でトラブルが起きやすいのかを知っておけば、もしあなたが併設型の美容室を利用とするときに注意しておくことができます。 せっかく美容室に行くんですから、きれいになってお店を出たいですよね。

▲ページTOPへ戻る